読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

自由気ままに趣味ネタを書いていく

Splatoonを買った理由

Splatoon

さて、最初の記事だがこれはもう決めてる。
今俺の中で最も熱いゲームSplatoonを買う決心をした理由についてだ。

 


Splatoon E3 2014 出展映像 - YouTube

 

このゲームと出会ったのは去年のE3の映像である。
その日たまたま偶然夜遅くまで起きててたまたま見始めた時間帯にこのゲームの映像が流れ始めた。
そこに出てきたのはインクをぶちまけ、イカになって飛び回り、そして撃たれて応戦する少女であった。
ここまでわずか30秒。なんだ、これと思ったものである。
画面が変わって4対4の画面になった。戦場で撃ちあう少年少女たち…45秒ごろから完全に見入ってしまった。
そして2分程度の映像を見て俺は確信した。このゲームは絶対に面白いと。
それからも時々Splatoonの情報が入ってくるたびに自分で調べていたのだが…俺には致命的な問題点があった。 実は当時WiiUを持っていなかったのである。
恥ずかしながら当時の俺のゲームはソシャゲか東方か同人ゲーばっかりで据え置き型のゲーム自体本当に長いことやっていなかった。

そんな俺だが、二つの理由で買うことを決心した。
まず一つはやっていたソシャゲのゲームに理不尽なまでのぶっ壊れが登場したことだ。
そのゲーム、そこまでお金をかけずとも十分楽しめたので本当に長いことプレーしていたのだがこれによりモチベが大きく減衰。5月は忙しかったのもあって一度距離を置くことにしたのだった。
もう一つはマリオカート8の動画をあげていたとあるゲーム実況者のおかげだ。
本当にたまたまその人の動画にたどり着いたのだが…プレイングは正直言って超うまいわけではない。けど俺は見入ってしまった。本当に楽しそうにプレーしていたのだから。
基本的にソシャゲというのは効率に拘り、如何に効率よく資産を増やせるか…それに尽きる。 そんな生活に疲れていたのかもしれない。
だからこそああいう楽しむプレイングに憧れたんだろうが…そのおかげもあって決意した。

俺はこのSplatoonで楽しみたい。その人みたいにはいかないかもしれないけど楽しみたい。
そう思った俺はこのSplatoonのために本体を買い、今に至ったのである。

で、買った感想だが…無茶苦茶楽しい!!
去年のE3での直感はビンゴだった。