読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

自由気ままに趣味ネタを書いていく

ウル虎の夏、開幕

野球

ウル虎の夏の間にどこか1回は見に行こうと思っていたので甲子園に行ってきた。
ここの所天候が不安だったがこの日は快晴だった。

 

f:id:freiheitbreize:20150725131022j:plain


で、今年のウル虎ユニフォームがこちら。
今年は球団創立80周年という訳で黄色い記念品がもらえることがあるのだがこちらも黄色い。

そろそろ試合内容の方に行こう。
相手の先発は横浜のエース井納、対するこちらは藤浪。
流石に井納はそう簡単には崩れないと思ってたので投手戦を予想していた。
スタメンには前の試合もホームランを打っていた江越が今日もスタメン起用されてるぐらいでまあいつも通り。

まずは3回表。
ノーアウトから倉本に打たれた後、次の高城のバントを藤浪のエラー。
その後井納にバントを決められ一死二三塁と大ピンチとなる。
しかしこの日の藤浪は素晴らしかった。
粘る石川を速球で空振り三振を奪うと松本には四球を与えるが梶谷を打ち取る。
このピンチの間の球速が末恐ろしく157Kmを連発する圧巻のピッチングだった。

その後は両チームともに攻めあぐねるも試合が動いたのは7回裏だった。
メスマートンが速攻で倒れるも次の今成が鮮やかな初球打ちでヒットを打つと次のバッターは前の試合でホームランを打っている江越。
ホームランでないかなあ、と淡い期待をしていた4球目だった。
いい角度で上がっていき、長い滞空時間でレフトに伸びていった打球は浜風に乗ってスタンドイン!!2試合連続のホームランで完全にお祭りモードだった。

更に8回裏は今日猛打賞の鳥谷が出ると福留の犠牲フライで1点を追加。
その後は藤浪が最後まで投げ続けて完封勝ち。ウル虎の夏を白星でスタートすることができたのだった。

f:id:freiheitbreize:20150725131043j:plain


ヒーローインタビューは江越と藤浪。
藤浪の喋りの安定感と翌日の岩崎にプレッシャーを与えるのは相変わらずだった。

さて、ここからは気になった点を。

◆2試合連続のホームラン
いやもう最高だった。6月に鳴尾浜で見ていた時も別格だったが一軍ではこれまで打ててなかった。それが2試合連続のホームランとかもうそれだけでポジれる。

◆152球
いくら完封とはいえ球数が初代ポケモンの数を超えてるのはどうなのかと思う。
ただ、今日の藤浪は3回以外は打たれる気がしないピッチングだったのもこれまた事実。その辺りは悩ましい限り。

◆影のヒーロー今成
江越の2ランの起点は勿論のことだがこの日は好守備も連発。
正直いなかったら負けてたかもしれない。

…こんなとこ。
今日の岩崎は今年は2年目のジンクスにぶち当たっている。

が、そろそろ勝ってほしいし頑張れ。