読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

自由気ままに趣味ネタを書いていく

伝説の旅団その32

f:id:freiheitbreize:20151020042244p:plain

ついにアグロがグレード3になった。
これまでの規則からうでっぷしは17かと思ったら18のようで、Lv40現在の攻撃力はなんと88!!
はやてを発動させたら大抵の相手は発動中に沈めれるほどの破壊力となった。
ちなみにグレード4に必要な魂の数は200個とのこと。
階差数列で20個、60個、120個、200個、300個と予想しているので想定内である。

さて、本題。本日からキャラの運用法を1体ずつ書いていこうかと思う。
新ステージが来たらそっちに戻るが、それまでの間はそうさせてもらう。
本日は主人公枠のサフォについて。

 


◆基本スペック(Lv1、グレード0での数値)
HP:90 うでっぷし:10 魔法のちから:5 魔法耐性:0 攻撃間隔:2.7 足のはやさ:20

突出した能力はないがHPも攻撃力も足のはやさもそこそこあり癖が少ない。
攻撃間隔に至っては2.7と現状ではプラタ、チェルボに次いで3番目の短さである。それでいて程々のうでっぷしはあるのでダメージを稼ぐ能力は意外と高い。

地味な点だが魔法耐性はスキルでの強化となるのでLv9までは0となる。

◆所持スキル
味方全体のHPを回復するいやしのひかりと魔法耐性を強化するマジックシールドの2つを持っている。
前者は限られた戦力でやりくりするこのゲームにおいては大変ありがたい全体回復。
魔力はカティノと比べるとかなり低いため劇的な回復は期待できないが、攻撃頻度では勝るので使える回数はこちらの方が多い。
攻撃したら狙われる仕組みも自身のHPがそこそこあるので、そこまで痛手にならない。
後者は魔法抵抗を強化するもの。強化量はスキルLv×0.5と微々たるものだが、キノコ型や神官型といった一撃の軽い魔法攻撃なら十分防げる。

◆運用法
耐久面はチェルボに、攻撃力はアグロに、回復力はカティノにそれぞれ劣るがどの能力も程々に高いのが最大の強み。癖も少ないので安定して出撃させることができる。
時に魔法盾として、時に攻撃面の補強として、時に回復役として縦横無尽に動き回ってもらおう。

◆石を飲ませるなら?
割と何を飲ませても機能する。魔法壁としての役割強化なら魔盾石を、回復力強化なら魔力石を、攻撃力が欲しいならちから石といったところ。
使いまわすなら体力石というのも一考。

旅団の人数が増えると分業化がはかどるので出番も減ってくるだろうが、人数の少ない序盤では大いに役立ってくれる便利屋。育てておいて損はない。