読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

自由気ままに趣味ネタを書いていく

伝説の旅団その44

今宵はもう1記事。

ずいぶん前にラセルティノで止まっていたキャラの運用法だが、本日はその続きであるピエリコの運用法を。

 

◆基本スペック(Lv1、グレード0での数値)
HP:180 うでっぷし:9 魔法のちから:0 魔法耐性:0 攻撃間隔:3.7 足のはやさ:35

 

チェルボと比べるとHPでは劣るが、攻撃面ではあちらと違って最低限はありトドメ回復が十分期待できる水準となっている。また、飛んでいるため相手の地上近接系に対して非常に強く、相手がそれだけなら完封もあり得る。反面、弓兵には弱いので注意。

 

◆所持スキル

敵の攻撃対象を自分に向けさせるひきつけと戦闘終了時に味方全員のスキルゲージを回復するはげましの2つを持っている。

前者はチェルボと全く同じ。ただし、チェルボよりHPは低いので闇雲に使うと割とあっさり危険水準まで落ち込むことある。

後者はスキルのウェイトが大きいキャラを枯らさないで済む非常に強力なスキル。カプロのさくれつマグマやサフォやカティノのいやしのひかりなどを短いサイクルで回すことができる。

 

◆運用法

とりあえず壁として運用しておけばいいが、単に壁として運用するなら耐久面でチェルボに劣るので飛んでいることとはげましを最大限に生かしたい。

前者は斧持ちやサソリ型といった地上にいて且つ一撃のある敵の相手をする際に真価を発揮する。そういう敵は一発でも攻撃を食らいたくないのでかわすことの方が重要になるからだ。

後者はスキルの比重の重いキャラと組み合わせたり次の戦闘でスキルが回復してないなんて事故を減らすために使うと効率的。

 

◆石を飲ませるなら?

基本的にチェルボと同じでいい。トドメを刺しやすくするちから石か魔法攻撃への耐性を多少は改善する魔盾石の2択だろう。体力石は効率が悪いがちょっとでも長生きしたいならまああり。

 

チェルボと使い分けることで旅団全体の生存力が大幅に上がる。早めに育てておいて損はないだろう。

また、カティノとの組み合わせはあちらの回復サイクルの遅さをこちらのはげましで補え、あちらが狙われそうならこちらがひきつけと、両者のシナジーが噛み合っており非常に相性がいい。火力を最後の1人に依存してしまうのが難点ではあるが是非とも試してほしい組み合わせである。