読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

自由気ままに趣味ネタを書いていく

新米GMの反省会

久々更新。阪神の状況が苦しくなったから更新頻度が落ちたんじゃないかといわれそうだがそんなことはなく、ここ最近はFE封印やってたというのが正解。

それはさておき、某所で初めてGMやってたので反省点でも纏めてみる。
使ったシステムは一番慣れているSW2.0。形式としてはダンジョンアタック。

◆シナリオ全般
・オープニング
基本的にNPCとのやりとりなので考えられる点は大体まとめてたしここに関しては内容も作りこんでた。というか、起承転結の起ぐらいはちゃんと考えておかないと俺がうまく開始できる自信がない。
ちなみに、今回蛮族PCとティダン神官がいたのでちょっとだけ心配したものの、まあ流石に人目でつくとこでドンパチははやらないよなと。まあもしやらかしたら冒険始まる前から喧嘩両成敗で斬るつもりだったが。

・道中表
当日の電車の中で即興で思いついたので5分かけてノリで作成。

道中表とかと思う人もいるかもしれないが、町を出てから街に帰ってくるまでが冒険だろうと。もう1つは時間逆算したらかなり余りそうだったので(

改訂版1と即興で思いついたデータだけで作ったので使える魔物が異様に少なかったが、そこはまあ今後は5分を30分にすればそれなりのクオリティになるだろうしそれでいいよねという。
まあ、ともかく5分クオリティで作って後はダイスの神様に放り投げた。道中に出てきた魔物のRPとか全部その場のノリ。次同じ魔物が出てきても多分別のRPしてると思う。

・遺跡入り口
本編開始。ぶっちゃけるとこいつらゴブリンだし判定難易度はかなり簡単にしてた。
ただ、情報を出す順番はせめて達成値順にするべきだろうと。そのあたりはノリでやった悪い癖。

・エントランス
まあ、ゴブリンだし。馬鹿だし。カースト底辺だし。で、あんなRPされて乗っからないGMというのもどうかと思うよな!!うん、以上。魔法生物ならまだしも蛮族だってちゃんと生きている。生きているからにはこんな反応するよな、と。
あとすごい勝手な汎用蛮族語について。よくこの言葉で流暢に話す人がいるんだが…違うだろうと。ほぼ片言こそが汎用蛮族語だろうと。そういう自分の中で変なこだわりがあったので今回は片言RPをやってみた。せっかくいろんな言語があるのでGMやるときぐらいは使い分けたいのが本音。

・遺跡
各部屋に関しては結構まじめに考えてた。ただ、GMの予想外の反応というのはやっぱりあるものであって不意を突かれたことは多い。とはいえ大体は想定の範囲内だったのでまあなんとかなった。
罠だけPLが全員経験者なのもあって少し配置変更、数増加した。ここはアドリブでと終了後に話したけど実際はほぼ全部シナリオ通り。ただ、大概はうまく回避された。(一部は先走ったPLの自滅。いやまあああされたらそうするしかないよね。


・遺跡終盤
この部分に関してはこれがやりたかっただけだろと言われてもおかしくないのだが、本当にこれがやりたかっただけなので反論の余地はない。

・ボス戦
実は一番最初に考えたのがボス戦だったり。とはいえ最初はボスの魔物でこれを使おうとしか考えてなかった。けれども、考えてるうちにどんどんネタが思い浮かび…気づいたらただ、結構追い詰めていたみたいなのでそこは反省。GMの視野狭すぎるのはまずい。
あと自滅したのはきっと気のせい。ダイス目がことごとく低いのもきっと気のせい。だって、俺だし。

・エンディング
ほぼほぼ想定内。ボス戦の後に罠仕掛けるのは汚すぎると思うのだがその参加者は過去にどんなことがあったのやら… というかそのGMひねくれ過ぎじゃないか?

以上シナリオ。
こう見直すと大体アドリブなのだが、先月のGMのアドバイスに『作りこみ過ぎない』というのがあった。実際回してみると、GMの予想外の事態というのが多々あった。確かに、もしこれ作りこみ過ぎていたら俺のことなのでただでさえ狭い視野がさらに狭くなる事態になってたのが見えてたので今となっては金言にも思える。

◆マスタリング
まあなんだかんだTRPG歴はオフセのみとはいえ2年ちょい(休止期間除く)の人間だしそれぐらいの期間やってたらそれなりに信念というのはあるわけで。
『基本的にはPLのやりたいことは積極的にOKを出す。ただ、その結果の責任はとってね。』
これに尽きる。
例えば今回だと本当に蛮族vsティダン神官という展開が起きたら?神像を本当に壊したら?全く無警戒で先に進んだら?まあ、それ相応のことを起こすって訳。

◆シナリオの組み方
東方+時オカ+現実=今回のシナリオ
今回はどうしても使いたいボスがいたのでそこから組んだ。後は全部思いつき。
あほなことでも、くだらないことでも覚えてることは全部経験。

◆失敗したと思うところ
・神像の見識判定
古代神なら流石に知ってるだろ…ってことで完全にミス。大慌てで目標値をすごく下げてたり。これが小神ならまあわかる。
・部屋の描写
もうちょっと頑張れたかも? 一応下手なりに絵を描きながら進行したので十分伝わってはいたけれども。
・選択肢をかなり絞った某仕掛け
どうしても3次元的な仕掛けを作りたかったのでああなった次第。にしても流石に意地悪過ぎたか。
・一部魔法が使いにくい
正直申し訳ないが…今回のシナリオ的に許可すると流石にダメだと思った。
GMのリアル知識
PLとしても経験の浅いGMで申し訳ない。
・小物の準備不足orサイズ
とりあえず次回はもっとしっかりまとめておこうと思った次第。

以上こんなところ。
やってる間は本当に必死だったが、終わった後のやり切った感も格別だった。
ネタはまだまだあるし、今後もちょっとしたことで思い浮かぶだろうし、新たな楽しみとして今後もできたらなと思う次第。

 補足

汎用蛮族語について。

汎用蛮族語というのは非常に短く直接的な言語のみで形成されており、文法も2語ほどで作られている。(改訂版1より)