読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

自由気ままに趣味ネタを書いていく

TGFFに行ってきた

アナログゲーム TRPG

結構間が開いたけど今更ながらTGFFの感想でも書こうかなと。といっても大体の内容はTwitterで呟いているので補完&自分が見返す用。

前日である7/17のセッション終了後。よく一緒している方にTGFFどうしますか?と声をかけられたのが話の始まり。相当前に日程が確定してたのもあり、どうにかその日は時間を作れたので二つ返事で乗る。後は帰り道だの寝る前だのに簡単に当日のことを詰める。

当日。予定より少し早い時間に到着するも、知り合いが勘違いで遅れるとのことなので時間潰しにダイスの掴み取りに挑戦。
その結果。

f:id:freiheitbreize:20160726233552j:plain


大量の20面ダイスを手に入れた!!
…20面ダイスを使うシステムを滅多に遊ばないのでこんなにあっても正直用途に悩むのだが、この数なら適当に転がすだけでも爽快なのかもしれない。
一応6面ダイスもそこそこ混ざってるので全く無意味ではないのだし、そもそもこの手のお祭りは楽しんだもの勝ちということで。

とかやってると知り合いが到着したので合流。3時間卓の抽選なのだが…篠谷志乃先生のSW2.0卓に。理由はリア充爆発しろという一文に感化されたため(
3時間卓という訳で使えるのは改訂版1にあるサンプルキャラのみ。なんかスカウトが1人だけという状態が見えてきたのでシャドウの密偵をチョイス。
後の方はエルフの神官、ウサギの魔法使い、ルンフォのマギシュー、ナイトメアの魔法拳士。人間不在のこの5人でいざセッション開始。

さて、セッションなのだがこれが本当に面白かった!先生はこちらのネタをガンガン拾ってくれるし、初心者さん2人がどんどん饒舌になってくるし、こんなにも時間が経つのが早いと思ったセッションは久々。(休憩なしでぶっ飛ばしたのもあるけど)むしろ時間内に収まるかが怪しいぐらいには大いに盛り上がった。
同卓してくれた皆さんと先生には大いに感謝である。

で、自分が後に別件があったので5時間卓には同行できないと理由で知り合いとはここでお別れ。次に、折角なのだからボドゲもやってみようと思って見てみる。すると、SWのカードゲームというのがあったので参加してみることに。
グループSNEの社長である安田均先生によるレクチャーを受けていざ、挑戦。
どこまで書いていいのかわからないのでルール関係は割愛。
さて、感想だが…そのルールがちと難解でとっつきにくさを感じた。ダメージの配分だとか危険感知や先制→戦闘の移行だとかがどうもしっくりこない。大真面目に最初の3周ぐらいは手探りだった。

といったところで時間になったので撤収。いろいろあったが楽しい時間であったことは事実である。来年もなんとか時間を作っていけたらと思う。

f:id:freiheitbreize:20160726233625j:plain